令和六年 夏越の大祓式斎行のお知らせ

『令和6年夏越の大祓式』を6月30日に斎行致します。

『大祓』 (おおばらい)
大祓とは、知らずに身に付いた穢れや、知らないうちに犯したであろう罪を、形代『人形』(ひとがた)に託して祓い清め、更なる気持ちで今後の生活を過ごしていく為の神事です。その起源は遠く神代にまで遡り、現在では毎年恒例として6月と12月の末日に行われます。6月を夏越(なごし)の大祓、12月を年越の大祓といい、宮中をはじめ伊勢の神宮、全国の神社で夕刻に行われております。

日時 令和6年 6月30日 午後4時斉行
集合場所 八幡神社本殿 賽銭箱前

ご参列する方は10分前までに八幡神社本殿の賽銭箱前にお集まり下さい。
どなたでもご参列できますので、奮ってご参加ください。
尚、大祓式に参列されない方も形代『人形(ひとがた)』を納める事により罪穢れをお祓いいたします。ご祈念なさる方は形代『人形(ひとがた)』にお名前と数え年を書き、身体を撫で、息を三回吹きかけ、12月31日午後3時までに社務所へお納めください。

※社務所不在の場合はお賽銭箱にお納め下さい。
※形代『人形』は、本殿お賽銭箱脇、又は社務所前にご用意しております。ご自由にお持ち下さい。